menu
無料体験レッスンのお問合せはこちら無料体験レッスンのお問合せはこちら
#007

アートメイクアーティストに必要な資格とスキル

アートメイクアーティストとして成功したい方は、ぜひご覧ください!

【目次】contents

ここ数年でアートメイクアーティストを希望する人が、増えています。その理由は、コロナによって渡航ができず国内での施術を希望する人が増えていること、また、薄毛治療や傷跡治療などメンズからの需要が高まっていることなどがあげられます。しかし、アーティストが増える中で成功するためには、技術力やデザイン力などをつけて、ほかのアーティストとの差別化を図らなければいけません。

この記事ではアートメイクアーティストに必要なスキルや資格などについて詳しくまとめています。これからアートメイクアーティストを目指している方は、ぜひ参考にしてください。

アーティストに必要な資格

アートメイクアーティストになるためには、医師免許または看護師資格が必要です。アートメイクは医療行為のため、医師または歯科医師、看護師しか施術ができません。

アーティストに必要なスキル

施術ができることと、きれいに仕上げることでは大きな違いがあります。きれいに仕上げられないと患者さんの満足度に影響し、クレームにつながることでもあるので、アーティストは国家資格以外にもスキルを身につける必要があります。

アーティストに必要なスキルは、主に技術力とデザイン力、コミュニケーション力、集客力です。これら必要なスキルについて詳しく解説します。

技術力

アーティストとして絶対に欠かせないスキルが技術力です。アートメイクにはマシンと手彫りの2種類の技法があります。どちらの技法がいいということはありませんが、ストロークやミックスに適した技法、スピーディーな技法などどちらにも良さがありますので、できれあれば両方の技法取得が理想的です。

また、本格的にアーティストとして活動するなら、グラデーション、パウダー、ストローク、ミックスの全技術の習得は欠かせません。1つずつこれらの技術を学ぶアーティストもいますが、幅広いニーズに対応するためにもこれら4つの技術ははじめから習得しましょう。

デザイン力

デザイン力も重要なスキルです。黄金比はデザインをスピーディー仕上げるために考えられた方法です。黄金比をベースに骨格やパーツなどお顔にあったデザイン力を身につけることで、患者さんお一人おひとりにあうデザインに仕上げられます。アートメイクはきれいにできたのに、患者さんに似合わないという原因はこのデザイン力にあります。

コミュニケーション力

理想の仕上がりは、好みによって異なります。また、同じ写真を見てもイメージの捉え方が変わることもあるので、コミュニケーションはとても大切です。患者さんが話しやすい雰囲気をつくったり、答えやすい方法で質問するなどの工夫を心がけましょう。

丁寧に説明をすることは、クレームの回避にもつながりますし、アートメイクはリピート率の高い施術です。丁寧なコミュニケーションを心がけ、あなたのファンを一人でも多く増やしましょう。

マーケティング力(集客力)

今やアートメイクアーティストにSNS運用は欠かせません。ほとんどのアーティストはInstagram運用をしていますが、症例写真をUPするだけで見られていないアカウントが少なくありません。せっかく投稿したコンテンツを見てもらうためにも、基礎的なブランディングや集客方法を身につけることが重要です。

アートメイクアーティストになる方法

アートメイクアーティストになるためには、スクールで技術を学ぶことが一番の近道です。アートメイクアーティストの資格は国家資格ではないので、同僚に教えてもらったり独学で学ぶという人もいます。しかし、高いお金を払って取得した技術を、簡単に教えてくれる人は少ないので、この方法では十分な知識を得ることは難しいのではないでしょうか。

スクールにはオンラインや対面、動画などさまざまな講習方法があります。また、習得できる技術や費用などはさまざまです。習いたい技術やライフスタイルなどにあわせて、自分にあったアートメイクスクールを選びましょう。

理想のアートメイクスクールの選び方

3D眉毛やパウダーリップなど、どのような技術を習いたいか考えましょう。スクールの条件を考えるときに役立つ項目を下記にまとめましたので、これからアートメイクスクールをお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

技法

手彫りまたはマシンのどちらの技法でアートメイクを習いたいですか?

部位

どのアートメイク技術を習いたいですか?

  • 眉毛(アイブロウ)
  • アイライン
  • リップ
  • ほくろ
  • 傷跡治療(白斑・治療跡・妊娠線など)
  • ヘア
  • 乳輪/乳頭

受講方法

どのタイプの講習がいいですか?

  • 対面(通学)
  • オンライン
  • 動画
  • セミナー方式
  • 対面(出張)

予算

予算はおいくらですか?なお、アートメイクを習うときは、スクールの講習費のほかにハンドルやマシン、染料などの商材に費用がかかるので、細かい部分もしっかりとチェックしましょう。

技術

できるようになりたい技術はどれですか?

  • グラデーション(1D)
  • パウダー(2D)
  • ストローク(3D)
  • ミックス(4D)

モニター施術

せっかくディプロマを取ったのに、怖くて実践できないという方も少なくありません。アートメイク施術ができるようになるか不安な方は、モニター施術がおすすめです。

接遇

営業や人と話をすることは得意ですか?アートメイクは、技術力やデザイン力によって仕上がりに大きな差がでる施術です。しかし、伝え方や案内の仕方を工夫をすることでクレームは大幅に回避することもできるのです。より質の高い接遇をできるようになりたいという方は、話し方立ち振る舞いなどを教えてくれるスクールを選びましょう。

マーケティング

SNS運用は得意ですか?アーティスト活動をする中で、Instagram運用は欠かせません。基礎知識や効率の良い運用方法などを教えてくれるスクールもあります。ブランディングや集客なんてできないという不安な方は、マーケティングを教えてくれるスクールを選びましょう。

まとめ

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます。アーティストに必要な資格とスキルについてご理解いただけましたでしょうか。

アーティストとして成功するためにも、技術力やデザイン力はもちろん、マーケティング力やコミュニケーション力もしっかりと身につけましょう!当スクールでは、アートメイクに必要な全技術に対応しています。また、集客サポートやアフターサポート、接遇講習なども充実していますので、アーティストスクール選びにお困りの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事の監修者

アートメイクスクールCleo校長 佐藤 美予
アートメイクスクールCleo校長 佐藤 美予

アートメイクスクールCleo校長の佐藤です。

私は美を追求することが好きで、アートメイクの技術を学びました。

現在はアートメイク講師として活動しています。

生徒のみなさんに楽しんでアートメイクを学んでいただけるように、受講生お一人おひとりのスキルやスピード、性格に合わせた丁寧な講習を心がけています。

アートメイクのことなら、何でもお気軽にご相談ください。

Contact us まずはお気軽にご相談ください