menu
無料体験レッスンのお問合せはこちら無料体験レッスンのお問合せはこちら
#020

アートメイクの3Dと4Dの違いについて実績20年以上のアートメイク講師が徹底解説!

3D技術を学びたい方必見の情報です!

【目次】contents

こんにちは。
アートメイクスクールCleo校長の佐藤です。

眉毛のアートメイクはここ最近、3Dや4Dなどストロークを使ったデザインが人気ですよね。本日は、当スクールの中でも最も受講生したいという方が多い3D眉毛(ストローク)や4D(ミックス)について詳しく解説させていただきます。アートメイクアーティストの方だけでなく、これから眉毛アートメイクを入れたいと思っている方にも役立つ情報ですので、興味のある方はぜひご覧ください。

アートメイクの3Dと4Dの違いについて

眉毛アートメイクには2Dや3D、4Dなどのデザインがあります。一部のクリニックやアートメイクスクールでは、呼び方が異なる場合もありますが、眉毛アートメイクのデザインは4種類です。

2D

ふんわりとした眉毛に仕上げることができる2D眉毛は、細かな点を眉毛全体に描きパウダーで仕上げたようなになるので、パウダー眉毛やパウダーグラデーションと呼ばれることもあります。

3D

自眉のように立体的に仕上げることができる3Dは、ストロークまたは毛並みと呼ばれることもあります。極細の針を使って1本1本眉毛を描くことで、天然のような毛流れを再現できます。マシンで施術をすることもできます。とても人気のデザインですが、滲みやすく、クレームも多い技術なので、針をあてる角度や圧力など高い技術力が必要です。

4D

4D眉毛とは、3D(ストローク)をベースに眉尻側にパウダーでグラデーションを描くデザインです。デザイン性の高い眉をご希望の方や、眉毛が濃い方、脱毛症にお困りの方にオススメです。

3Dや4Dアートメイクの持ち

3Dアートメイクもの持ちは、ほかのデザインと同様、1年から3年です。ただし、体質による退色の仕方や変色などをしっかりと見極めて施術をしないと滲みやすいので、しっかりと技術力を身につける必要があります。このようなことから、パウダーグラデーションに比べて難しいと言われていますが、デッサン力やコツをつかんでしまえばはじめてアートメイクを習う方でも十分学んでいただけます。

3Dや4Dアートメイクをきれいに仕上げるコツ

ストロークを使った眉毛デザインをきれいに仕上げるコツは主に3つあります。1つ目は、デッサン力をつけることです。このデッサンができなければ自然な眉毛のようには仕上がりません。毛の流れには人それぞれ癖がありますので、たくさんの症例を見たり練習をしたりして、デッサン力をつけましょう。

2つ目は、正しい技術力です。針をあてる角度や力の入れ加減、針を刺す深さなどがきれいに仕上げるコツとなります。

3つ目は少ない施術回数で仕上げようと思わないことです。施術後に色が落ちてしまうと、クレームになる恐れがあるため、はじめての施術から濃い目に色を入れるアーティストの方は少なくありません。しかし、色の出方や退色の仕方などは、患者さんごとに違うのでそれをよく理解しないうちに濃い目に仕上げてしまうと後で修正が効かない場合もあるので注意が必要です。

アートメイクは、濃くすることはできても薄くすることが難しいということを忘れないでください。このような理由から初回は薄く施術をして、2回~3回施術を繰り返しながら仕上げることが理想的といえるでしょう。なお、もしも少ない回数で仕上げたいという患者さんの強いご希望があれば、きちんとリスクを説明した上で施術をしましょう。それがあなたを助けることにつながります。

3D・4D技術を使った症例

当スクールに通う方のほとんどは、ストロークを学んだことがない方ですが、下記の症例のようにモニター施術でもきれいに仕上げることができています。実績20年以上の経験豊富な講師が、丁寧にレクチャーいたしますので安心して受講ください。

まろのような眉毛から3Dストロークでモテ眉に

3Dストロークを使ってへの字眉毛を改善

左右で異なる眉頭の位置を3Dストロークで改善

自眉のデザインを左右対称に仕上げた4D眉毛

アートメイクを極めたい方へ

知識を得ることと、アートメイクができるようになるとでは大きな違いがあります。アートメイクスクールには短期間ものやオンラインのみの講習などさまざまな講習スタイルがありますが、アートメイク技術を極めたいという方には、対面で講習を受け、モニターを使った講習は必ず受けましょう。また、しっかりとアフターフォローをしてくれるスクールもおすすめです。

当スクールでは、講習以外の時間もオンラインや電話を使って丁寧に補修講習を行っております。また、卒業してからもみなさん1週間に1回くらいは、良いところや改善点のアドバイス、技術的な質問、患者さまからいただいたクレームのご相談などをいただくほど、アフターフォローも充実しています。なお、ご相談は、24時間受付OKです。聞きたいときにいつでも相談できるということは、みなさまから大変ご好評をいただいております。

その他、全国どこでも出張可能ですので、遠方の方でも対面で受講いただけることも選ばれるポイントの1つです。このような特徴のある当スクールに少しでもご興味をお持ちいただけた方は、ぜひお気軽にお問合せください。コース詳細や費用についてなど詳しい資料をお送りさせていただきます。

この記事の監修者

アーティスト兼アートメイクCleoマーケティング担当 高尾奈穂
アーティスト兼アートメイクCleoマーケティング担当 高尾奈穂

アートメイクアーティスト兼
美容医療に特化したWebマーケティング会社
株式会社Cleo/代表取締役

【経歴】
▶投資会社の営業
▶株式会社ヤナセ/メルセデスベンツ
営業8年/うちショールームセールス2年連続日本1位
▶株式会社リッチメディア
美容医療メディアの運営/営業
▶大手美容外科
カウンセラー育成/WEBマーケティング責任者

まつ毛の薄さにコンプレックスを感じて、26年前にアイラインアートメイクをはじめて体験。

そこから、アートメイクの魅力にはまり、アートメイクの施術をたくさん受けてきました。
その後、美容医療に興味を持ち、大手美容クリニックで勤務。

その時に、広告費用をかけられたり、集客力が長けている人が勝ち抜いたりと、技術力が良くても売れない多いことに驚きました。

また、それにより医療事故が減らない現状も知り、患者さまが満足のいく施術をお手伝いできる仕事をしたいという想いで現在活動を開始。

現在では、自身の経験やWEB知識、アートメイク技術を活かして一人でも多くの方に美容医療のよさを広めたいという想いのもと、2017年5月に設立した『株式会社Cleo(旧株式会社Laxmi)』を経営しております。

Contact us まずはお気軽にご相談ください